学校日記

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:1 校長室より
朝会(挨拶)

DSCN3027.JPG

DSCN3039.JPG

DSCN3043.JPG

DSCN3045.JPG

DSCN3061.JPG

本日の朝会は挨拶についてのお話でした。

仙石原小学校のめざす学校像は「明るい挨拶と笑顔あふれるあたたかい学校」で、特に今年は子どもたちがいつでも、どこでも、だれにでも気持ちの伝わる挨拶ができるようになることをめざしています。

朝会ではまず、挨拶の意義についてお話がありました。挨拶とは自分と相手の心をつなぐためにするもので、挨拶をすることでお互いの気持ちを通じ合わせることができます。

また、挨拶には相手に印象の良さを伝えることができるなど、五つのパワーがあります。

これらのお話の後、先生方が様々な挨拶を演じて見せました。
例えば
1 相手に顔を向けず、相手が挨拶しても返事がなく、知らんぷりして通る人(先に挨拶をした相手はどんな気持ちになるでしょうか?)
2 返事はしているけど、やはり目を合わせずほとんど聞こえないような小さな声で返事をする人(相手に気持ちはつたわるでしょうか?)
3 自分から元気よく笑顔で相手に向かって挨拶する人(相手も嬉しくなることでしょう。もしかしたら気持ちよい返事が返ってくるかも。)

その後、子どもも大人もみんなで体育館の中を自由に歩き回りながら、出会った人に挨拶をしました。みんな笑顔でたくさんの人に元気よく挨拶していました。

挨拶のできる子どもたちを育てていきたいです。

保護者の皆様、地域の皆様、町で子どもたちを見かけたら、ぜひ、挨拶の声をかけてあげてください。

公開日:2024年05月16日 10:00:00

カテゴリ:1 校長室より
おたまじゃくし

DSCN3010.JPG

DSCN3007.JPG

DSCN3008.JPG

仙石原小学校と仙石原幼児学園は同じ敷地にあり、日頃から交流しています。
本日、校長室の窓を外からノックする音がしたので見てみると、園児たちがいました。
どうしたのか聞くと、以前、小学校の池で捕まえ、持ち帰ったおたまじゃくしを誤って死なせてしまったことを報告に来たとのことです。
持ち帰る際に私が「大事に育ててあげてね。」と言ったことを気にしていたようで、お手紙を添えて報告に来てくれました。中にはオタマジャクシが死んでしまったことを悲しんで泣いている子もいました。
これからお墓を作ってあげるそうです。

私が「池にはまだおたまじゃくしがいるかもしれないけど、どうする?」と尋ねたところ、少し考えて、「本当にまだいるかどうかを見に行ってそれからどうするか考える」という返事。早速見に行き、おたまじゃくしがまだいるのを確認した後、私のところに戻ってきて「もう一度捕まえてもいいですか?今度は死なないようにします。」と、お願いされました。
先生に促されて決めたのではなく、自分たちで考えて決めていました。
私も「いいですよ」と返事をしました。今日または明日以降に改めて道具を持って取りに来ることと思います。

今回の件は悲しいことですが、このことを通じて子どもたちは命の大切さを学んだことでしょう。
今度はカエルになるまで育てられるといいです。

「大事に育ててあげてね。」という言葉を覚えてきちんと実行しようとした気持ちや、死んでしまったことを悲しむ優しさを持った園の子どもたち。また、自分たちでどうするのが最善かを考えることのできる子どもたち。日頃より園の先生方がで子どもたちに温かく、自主性を尊重しながら接しており、そのため園児たちがすくすくと育っていることが分かります。

こんな子どもたちが小学校に入学してくるのだと思うと、とても楽しみです。

公開日:2024年05月15日 11:00:00
更新日:2024年05月15日 12:35:43

カテゴリ:1 校長室より
清掃朝会

DSCN0009.JPG

DSCN2913.JPG

DSCN0003.JPG

DSCN0004.JPG

DSCN0006.JPG

5月9日の朝会は、清掃に関する内容でした。環境・給食委員会の5・6年生が、仙石原小学校の清掃の在り方について、実演を交えながら説明してくれました。
仙石原小学校には「仙小プライド」という言葉が代々引き継がれています。
「仙小プライド」とは、簡単に言うと生活全般に、仙小の一員としてプライドを持って仙石原小学校をより良くしていこうという理念です。例えば気持ちの良いあいさつをするとか、心を込めて学校をきれいにするとか…。
その取り組みの一つとして、仙石原小学校では清掃のことを「ハートフル清掃」と呼んでいます。心を込めて学校をきれいにすることで、心も磨いていこうということです。
清掃にあたっては「がまん玉」「はっけん玉」「しんせつ玉」という三つの球があります。(有名なアニメのようですね。)
「がまん玉」とは、清掃中おしゃべりなどをしたくなっても我慢して、黙って集中してそうじすることです。
「はっけん玉」とは、隅々までしっかりとみて、小さな汚れも見つけてきれいにすることです。
「しんせつ玉」とは、例えば重い机を運ぶときには手伝ってあげるなど、友だちと協力して掃除をすることです。
清掃の時間、単に掃除をするだけでなく、学校をきれいにしようと努力することで、自分たちの心も磨いていってほしいです。

公開日:2024年05月10日 16:00:00
更新日:2024年05月10日 17:34:39

カテゴリ:1 校長室より
仙小クリーン作戦

DSCN2876.JPG

DSCN2879.JPG

DSCN2883.JPG

DSCN2887.JPG

本日、清掃時間に仙小クリーン作戦が行われました。
今回は校庭の草むしり、石拾い(特に石拾い)を中心に行いました。
ふれあい班ごとに分かれ、作業をしました。
校庭に石がなくなることで、体育や休み時間の遊びの時にけがをすることが減ると思います。
自分たちが使う場所は自分たちで整備する。この気持ちを育てていきたいです。

公開日:2024年05月08日 13:00:00
更新日:2024年05月08日 14:02:56

カテゴリ:1 校長室より
引き取り訓練

DSCN0007.JPG

DSCN0008.JPG

DSCN0009.JPG

本日、大地震を想定した避難・引き取り訓練を実施しました。箱根町では、震度5弱以上の地震が在校中に発生した場合、学校から連絡がなくても保護者に引き取りに来ていただくことになっています。
訓練では、まず、「大きな地震が発生した。」という校内放送を受けて児童全員が机の下にしゃがみ、揺れが収まるのを待ちました。その後、荷物を持って体育館に集まり、引き取りを待ちました。
子どもたちは静かに、落ち着いて訓練をすることができました。
あいにくの雨でしたが、本当の地震は天候に関わらずやってきます。また、車による引き取りが困難になることもあるかもしれません。
保護者の皆様、雨天の中、訓練にご協力いただき、大変ありがとうございました。

公開日:2024年05月07日 17:00:00

カテゴリ:1 校長室より
新年度が始まりました‼

DSCF7358.JPG

DSCF7376.JPG

DSCF7410.JPG

IMG_1010.JPG

DSCN0006.JPG

新年度が始まりました‼
4月5日に着任式(写真1枚目)、始業式(写真2枚目)、入学式(写真3・4枚目)を行いました。
着任式では新たに本校に着任された先生を紹介し、代表して新しい教頭より子どもたちに言葉を述べました。
続けて始業式を行いました。始業式では校長より一つ学年が上がった子どもたちに1年間の励ましを伝えるとともに、新しい担任を発表しました。写真はみんなで校歌を歌っているところです。
1時間ほど間をあけて、次は入学式です。
6年生に手を引かれて入場した新1年生と上級生たちとの対面を終え、入学式の開始です。
かわいい新入生と、笑顔で歓迎する上級生。保護者の方々、来賓の方々が見守る中、温かい雰囲気で入学式を実施しました。
箱根町立小・中学校の目標は「郷土を愛し、学ぶ意欲をもち、心豊かで、たくましく生きる児童・生徒の育成」で、合言葉は「箱根を愛し かしこく やさしく たくましく」です。
さらに、仙石原小学校がめざす学校像(学校の特色)は、「明るい挨拶と笑顔あふれるあたたかい学校」です。
4月11日、最初の朝会(写真5枚目)では、いつでも、どこでも、誰にでも、気持ちの伝わるあいさつができる子どもたちになってほしいと、校長の願いを伝えました。

公開日:2024年04月17日 09:00:00
更新日:2024年04月17日 10:12:53

カテゴリ:1 校長室より
中学生のお話

DSCN2632.JPG

箱根町では公立の園・小中学校一貫教育を行っており、様々な形で連携しています。
昨日は箱根中学校に通う本校出身の先輩2人が、6年生に対して中学校生活についてお話をしてくれました。
中学校では、教科によって先生が変わること、修学旅行のこと、通学方法がバスであることや、どんな部活があるか、などを話してくれました。
中学校は中休みがないけど、各授業の間の休憩が小学校は5分なのに対し、中学校は10分であること、お昼休みはサッカーやバレーボールなどをして過ごしていることなど、一つ一つの話に6年生たちは興味深そうに聞いていました。
現役の中学生からの話は、6年生にとって実感を持ちながら聞くことができたのではないかと感じます。
6年生はまた一つ、中学校進学に向けた楽しみがわいてきたのではないでしょうか。

公開日:2024年03月08日 10:00:00

カテゴリ:1 校長室より
卒業式全体練習

DSCN0284.JPG

DSCN0285.JPG

DSCN0288.JPG

DSCN0289.JPG

DSCN0290.JPG

本日1回目の卒業式全体練習を行いました。
全学年が集まって練習を行うのは今日が初めてです。
特に練習したことは姿勢について、歌について、呼びかけについてです。
初めて全員が一緒に練習しましたが、背筋を伸ばし、しっかり声を出しながら歌ったり、呼びかけをしたりしていました。
6年生は姿勢、歌声、呼びかけどれもが在校生のお手本になるような立派な姿でした。
また、練習が終わって各学年が会場を出た後、5年生は残って、みんなが使用してずれた椅子の位置をきれいに戻してくれました。次のリーダーとして細かい心遣いをしてくれました。
卒業生はもちろん、在校生にとっても心に残る卒業式になるよう、みんなで頑張っています。

公開日:2024年03月07日 13:00:00
更新日:2024年03月07日 14:24:50

カテゴリ:1 校長室より
読み聞かせボランティア(今年度最終)

DSCN2626.JPG

本日、今年度最後の読み聞かせボランティアによる子どもたちへの読み聞かせが行われました。子どもたちは毎月行われるボランティアの皆様の読み聞かせを楽しみにしており、時に笑いながら、時に深く考えながら聞いています。
今日の読み聞かせが終わった後、校長室で皆様から読み聞かせを行っての感想などをお聞きしたところ、次のようなお言葉がありました。
「子どもたちの反応に元気をもらえている。そういう貴重な機会になっている。」
「どの本を選ぶかということはとても難しく、いつも悩むところ。」
「怖い話を読み聞かせたら、子どもが興味深そうに聞いていた。」
「読み聞かせをしていると、子どもが本を好きになる。」
「昔話を知らない子どももいるので、昔話を読んであげるのはすごくいいことである。」
「自分が面白いと思う本はいろいろな学年で何度も読み聞かせている。」

本を選ぶことなど、さまざまな苦労もあると思いますが、子どもたちのために行ってくださっている皆様には大変感謝しています。
1年間ありがとうございました。

公開日:2024年03月06日 11:00:00
更新日:2024年03月06日 12:05:27

カテゴリ:1 校長室より
開校150周年記念朝会(第2回)

DSCN0003.JPG

DSCN0010.JPG

DSCN2526.JPG

本日、2回目の開校150周年記念朝会を行いました。
今回は本校の卒業生であり、学校評議員でもある櫻井一哉様に小学生時代の思い出をお話しいただきました。
当時の林間学校は学校の中で行い、体育館にテントを張って寝たことや、学習発表会は文化センターで行っていたこと、学級のみんなで一輪車の練習を一生懸命したことなどをお話しくださいました。
また、現在4年生担任の徳田先生が当時の櫻井様の担任で、思い出のエピソードをとても懐かしそうに、そして嬉しそうに語ってくださいました。
櫻井様、ありがとうございました。

公開日:2024年02月29日 14:00:00